お知らせ

春本番

うえむら歯科クリニックアシスタント尾島です!!

もうすぐ5月、春本番という感じがしてきましたね(^○^)

新しい生活も始まりましたが、歯磨きも頑張りましょう!!

ところで、丈夫な歯を作るにはどうすればいいかご存知ですか?

丈夫な歯にするには、食生活が大切です。

最大のポイントは偏食しないことです!!

カルシウムを摂ると丈夫な歯ができると考えがちですが、乳製品・魚介類・野菜といったカルシウム源を質の良いタンパク質などと一緒にバランスの良い食生活の中で摂っていくことが大切です。

また、むし歯や歯周病を予防するのに、丈夫な歯肉を作ることも大切です。自分の指で歯肉を刺激し、血行をよくすることで、歯肉の細胞を活性化し、細菌への抵抗力を高めます。

丈夫な歯を作り、おいしく食事ができるように頑張りましょう!!

『目指せ8020』

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

歯科衛生士はらの歯列矯正リポート16

大阪府河内長野市にある歯科医院千代田駅が最寄り駅の
うえむら歯科クリニック歯科衛生士の原です!こんにちは(^O^)
 
暖かくなったなあ、と思うと肌寒くなったり、
気温の変化がつらいですね><
キレイに咲いていた桜も散ってしまって
少し寂しくなってしまいました。
 
 
さて、
3月末に矯正に行ってきましたよ(^^)/
前歯の正中(真ん中)も随分そろってきて
なかなか順調に進んでいます!
スタッフの方にも「頑張ってもらえていますね」
褒めていただきました(*^_^*)
 
矯正ももうすぐ1年半となり、終わりが見えてきましたかね~?
最近は歯の微調整がメインです。
前歯の傾きや下の前歯がもう少し上の前歯に当たるようにと、
先生がワイヤーを調整して
ブラケット装置に通していきます。
 
・・・い、痛いです先生。笑
 
久ぶりの痛さにビックリ。
そんな時もあります。笑
 
毎日鏡を見るので
装置を外すのが楽しみですね(^O^)
が、
どうも最近 甘い物が我慢出来ず・・・摂取過剰ぎみ。
食べ物はなるべく控えるのですが、
私、ジュースが大好きなのです。しかも炭酸飲料。
 
しかし・・これは危険です!
炭酸飲料に含まれる砂糖の量も要注意ですが、
実は、炭酸水は弱酸性なので、骨や歯の主成分である
リンやカルシウムを溶かす性質を持っており、
歯を炭酸飲料に4時間くらい漬けておくと
ほとんど溶けてしまうそうです!
 
ただ、口の中では炭酸飲料が歯に接触する時間が短く、
さらに、酸性になった口の中を中性に戻す唾液の力が働くので
歯が溶けてしまうことはありません。
しかし、
炭酸飲料や柑橘類の果物、酸っぱいものなど、
酸性のものを毎日毎日摂取していると
ムシ歯ではなく、
歯がとける「酸蝕症」というのが起きてくるので注意が必要ですよ!
 
 
52
 
・・・はい、気を付けます。
 
歯磨きもなんだか少し手抜きになってしまっているので
矯正が終わるまで油断せずに頑張ります。
 
 
 
 
 
2121_2014.03.31_L153

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

歯を打った!歯が折れた!歯が抜けた!

歯を打った!歯が折れた!歯が抜けた!

そんな時には?

 大阪府河内長野市にある「痛くなくこわくない笑顔あふれる歯科医院」

アシスタント岸本です。

桜が散り、新緑がまぶしい季節がやってまいりました。

暖かくなると屋外に出て遊ぶ機会が多くなりますし

5月にはゴールデンウィークが待っています!

そんな時に気を付けたいのが、怪我や事故

岩場に歯をぶつけて、歯を打撲したり、折れてしまったり…。

焦りますよね。

そのような場面に出くわしたら…ぜひ知っておいてもらいたい対処法を少しお話しさせていただきます。

歯の打撲

歯を強くぶつけてしまった場合、歯の神経は衝撃に耐えきれず、根の中で腐ってしまうことがあります。しばらくすると前歯の変色、突然の痛みが出たりします。症状が出るまでに時間がかかることがあり、ぶつけたことすら忘れてしまいがちになります。

歯をぶつけたら、早めに受診し、歯が折れていないか、神経が生きているかなど、チェックしてもらいましょう。

歯の破折(歯が折れること)

まず、歯が折れたり欠けたりしてしまった歯のかけらを探しておきましょう。

歯が折れてしまった場合、神経が出てきてしまうほど折れた部分が大きければ、そこから細菌に感染し、感染時間が長いほど治りが悪く、短ければ短いほど、そのまま歯のかけらを接着できる可能性が高くなります。神経の無い歯は、もろく割れやすいので、神経を残すことのできるよう早めに受診しましょう。

歯の完全脱臼(歯が抜けてしまうこと)

歯が完全に抜け落ちてしまった場合、歯の周りの組織の状態により、歯を戻すことが可能です。とにかく抜けた歯を探しましょう。

細胞を壊さないために、根の部分になるべく触らず、汚れていても根の部分を洗浄しないようにします。

受診するまでの間、歯の保存方法としては、牛乳(脂肪分の少ないもの)に浸すと良いでしょう。

どのような場合でも、早めに歯科を受診しましょう。

怪我をしてしまうと、せっかくの休日も台無しになってしまいます。

お出かけの際は、事故や怪我には十分注意して、春を満喫してくださいね。

歯のご相談があれば、いつでもお電話ください。お待ちしております。

810_2013.01.30_L036

689_2010.06.16_L015

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

春眠暁を覚えず

大阪府河内長野市にある千代田駅、河内長野駅が最寄り駅の うえむら歯科クリニックの今西です!!
桜も満開でポカポカ陽気ですし、ついつい眠気が^^;
そこで今回は『睡眠と歯の関係』についてお話をさせて頂きます。
 
“睡眠不足”は健康に悪影響をもたらしますよね。
高血圧や糖尿病、心臓病になりやすくなる。
慢性痛(腰痛・頭痛)の悪化。記憶能力や創造力、ストレス適応能力の低下。また、肌の老化を早めたり、体重が増えやすくなる等・・
そして、“歯”にも次の様な悪影響をもたらしてしまいます。
ストレスが溜まって抵抗力が落ちる為、“歯周病菌”に侵されやすくなり、睡眠時に歯ぎしりや歯を強く噛む事が多くなる為、歯周病の進行を早めてしまう
②“歯周病菌”は、糖分によって増殖していくので糖分の多い食事を続けていくと歯周病ヘのリスクが高くなってしまう。糖尿病と深く関わっている     ・・・という事です
 
『睡眠と歯』は深い関係があるんですよ(^.^)
健康な歯を保つ為にも、十分な睡眠をとって頂くことが大切です。
同時に食生活の改善、ストレスを貯めない、禁煙、適度な運動も心がけて下さい。適度な運動は、身体の抵抗力を高めてくれるので血糖値を下げて間接的にも歯周病を予防する事につながります。
 
過ごしやすい気候になってきました!!
少し身体を動かして(適度な運動)、ゆっくりと睡眠をとっていつまでも健康な歯を維持して頂きたいと思います。
 
 
 
 
106
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

歯とタバコ

大阪府河内長野市にある歯科医院
うえむら歯科クリニック 歯科衛生士の原です。
こんにちは!
桜が満開ですね(^o^)
気温も上がりだいぶ過ごしやすくなりましたが
寒暖の差も激しいのでご自愛ください。
 
さて、今回は4月からの増税で
大人買いされた方も多いでしょう“タバコ”に関するお話です。
 
みなさんも耳にされたことがあると思いますが、
タバコには多くの化学物質が含まれており、
発がん性物質などの有害物質は数百種とも言われています。
 
その有害物質である「ニコチン」は血管を収縮させてしまうので
血流を悪くし、体を酸欠・栄養不足状態にしてしまいます。
さらに、その免疫機能を妨害するため、病気に対する抵抗力が下がり、
血流の悪い体はケガを治癒する能力も下がります。
 
なぜこれが歯と関係するか、というと、
抵抗力が下がれば歯周病にもなりやすくなり、
治癒能力が低いと、治りも悪くなってしまうからです。
 
それにプラスして、タバコに含まれる様々の物質は
お口の中を守る唾液の分泌量を減少させ
歯に汚れを付着しやすくします。
そして、必ず歯に付いてくるヤニは、
表面をザラザラにするので細菌の増殖を促しています。
 
また、血管の収縮した歯肉は、
タバコを吸わない方と比べると腫れや出血がしにくいため、
患者さん自身が気付きにくく重症化することが多いのです。
 
 
当院では体や歯の健康のため、禁煙をすすめていますが、
なかなか禁煙できずにいる、という方も多いと思います。
そんな方は、非喫煙者よりも歯周病リスクが高いので
より徹底したお口のケアが大切となってきます。
もちろん、禁煙できればベストですが、
歯の健康とタバコと上手に付き合っていくならば、
定期的な健診やクリーニングを受けるようにしましょう。
 
 
 
 
 
hagukiLungs
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

クリーニングしてもらいました!!

4月に入り、ずいぶん温かくなりましたね。

桜も満開に近づいて来ました。お花見には、もう行かれましたか?

桜って、とてもきれいですよね。歯も桜のようにきれいにしてみませんか?

今回は、歯の定期クリーニングについてです。

私は、3月に初めて原さんにクリーニングをしてもらったのですが、思っていた以上に磨き残しがあってビックリしました。

毎日きれいに磨いているつもりでも、自分では磨ききれない歯と歯の間や奥に汚れが蓄積し、虫歯ができたり、歯周病が進行してしまいます

定期クリーニングでは、歯茎の状態を調べ、染め出しをして(紫色をした液体)歯の磨き残しをcheckします。

プロの歯科衛生士により、普段磨けない部分を徹底的にクリーニングする事により、歯がツルツルになってものすごく気持ちが良かったです。

定期クリーニングをして、磨き残し0を目指し皆で118をつくりましょう。

アシスタント 﨑山
 
 
 
写真3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

「乳幼児のおやつ」

大阪府河内長野市にある歯科医院うえむら歯科クリニック
歯科衛生士の原です。こんにちは!
 
季節の変わり目で天候は不安定ですが、
日増しに暖かくなってきていますね。
花粉症の方には辛い時期になりました。
 
さて、今回はお母さんからよくある
質問について紹介させていただきます。
それは「乳幼児のおやつ」についてです。
 
 
まず、そもそもおやつとは、
エネルギーがたくさん必要な赤ちゃんが、
一度にたくさんの量を食べられないので、
3回の食事で足りない栄養を補うために食べるものです。
なので、一息ついて、ちょっと甘いもの…
のおやつとは異なります。
 
おやつが必要となってくる時期は、赤ちゃんの離乳が終わり、
朝・昼・晩の3回食べるようになる1才過ぎからで、
それまでは必要ないと言われています。
 
赤ちゃんは内臓機能や消化吸収能力が低く
おやつに含まれる過剰な塩分や脂質、添加物などは
体に大きな負担がかかります。
また、砂糖の多く入ったものや甘すぎるものや、
味の濃いものを覚えると、それが定着してしまい、
薄い味などのものを受け付けなくなってしまうので注意が必要です。
 
最近では乳児用のおやつが数多く販売されており、
カロリーや塩分、脂肪に配慮されたものや、
不足がちなビタミン、ミネラル、鉄分やカルシウムをプラスしたものなど
バリエーションも豊富になってきていますので、
表示を確認しながら選択すると良いでしょう。
 
そして大切なのは、市販されているおやつの選び方はもちろんですが、
もうひとつ、おやつとムシ歯の関係についても重要となってきます。
 
おやつと歯の健康とうまく付き合っていくには、
まず、歯に付きにくいおやつを選択すること。
乳児用のおやつでもおせんべいやクラッカーなどが良く、
果物を活用するのもgoodです。
 
つぎに、ダラダラ食いとジュースはやめましょう。
少量のおやつでもずっと食べ続けるとムシ歯のリスクはぐっとあがります。
そして、一番避けたいのは、おやつ(砂糖)+ジュース(砂糖)です。
おやつと一緒に出すなら、白湯やお水、お茶を組み合わせましょう。
 
機嫌を取るためにと、
アメやチョコ、キャラメル、クッキーなどを与えてしまうのはNGです。
甘いものやジュースが好きなのです。と
おっしゃる方が多いですが、与えているのは親御さんですので、
おやつの種類を上手に選択にしてあげることが大事です。
 
そして、もちろん歯磨きも大切になってきます。
生後6ヶ月前後で乳歯が生えてきますので、
ガーゼ等で拭いたり、ゴムブラシや、軟らかい歯ブラシで、
ご飯やおやつの後はなるべくキレイにしてあげると安心ですね。
 
市販されているおやつを上手く活用して、
砂糖のコントロールに留意しながら
お子様の体と歯の健康を守っていきましょう。
 
 
 
 
 
 
おやつ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

歯ぎしり

こんにちは、痛くなくこわくない笑顔あふれる歯科医院

うえむら歯科クリニックのアシスタントの﨑山です。

寒かったり、暖かかったりの毎日ですが、体調はいかがですか?

風邪をひかないよう気をつけて下さいね。

さて今回は、歯ぎしりについてです。

歯ぎしりとは、寝ている間に無意識に歯を強くこすり合わせて

ギリギリと他人にも聞こえる歯ぎしり(グラインディング)を指します。

また、日中・夜間にかかわらず歯をグッと

食いしばったりする(クレンチング)

歯をかちかちと無意識に咬み合わせる(タッピング)

総称して、「ブラキシズム」と言います。

ブラキシズムをそのままにしておくと口の中のトラブルだけにとどまらず、

顎関節症や肩こり、頭痛など様々な症状を引き起こします。

歯ぎしりの大きな原因には、ストレスがあげられます。

仕事や夫婦・家族の問題・人間関係・育児などによる

精神的、肉体的なストレスです。

その他には、悪い歯並び・歯の損失・睡眠障害・

顎の変位などが理由にあげられます。

治療法の1つに、夜間就寝時にナイトガードと呼ばれるマウスピースを

上顎に入れる方法があります。

写真 2-1

写真 1-1

夜寝る時にマウスピースを装着することで、

歯にかかる負担を軽減させることができます。

日中に出来る予防は、食事は、ゆっくり丁寧に噛むこと・

常に姿勢をよくするように心がけること・

食いしばらないように常に意識をすることです。

他には、歯の治療(噛み合わせの悪い歯・虫歯の治療)です。

歯ぎしりで少しでも気になることがありましたら、当院までお気軽にご相談下さい。

 
 

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

定期クリーニング

大阪府河内長野市にある千代田駅、河内長野駅が最寄り駅の

うえむら歯科クリニックのアシスタント尾島です!!

3月に入り少しずつ過ごしやすい気候になってきましたね(*^_^*)

まだまだ寒い日もありますが、体調には気をつけて下さい!

毎日の歯磨きも忘れずに頑張りましょう♪

ところで、定期クリーニングがなぜ大切かご存知ですか?

定期クリーニングでは、レントゲン写真やプラークチェックなどによって今自分の歯がどのような状態かしっかりとわかり、虫歯や歯周病を防ぐことができます!!

また、自分では磨ききれない汚れも定期クリーニングをすることによってしっかりと磨いてもらい、さらに歯石も落としてもらえるのでよりきれにな歯を保つことができます。

普段の歯磨きの仕方もきちんと説明してもらえるので毎日の歯磨きも楽しくなりますね(^O^)

当院では症状にもよりますが3ヶ月に1度定期クリーニングをさせていただきます!

普段の歯磨きでお悩みの方や歯をしっかりとケアーしたい方は

一度相談してみて下さい(*^_^*)

歯が痛くなる前にできるだけ予防しましょう!

写真 2

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

八重歯

大阪府河内長野市にある 「痛くないこわくない笑顔あふれる歯科医院」
うえむら歯科クリニック受付今西です。

3月、春の香りが一杯感じられる季節になりましたね。
 
今回は『八重歯』のお話をさせて頂きます
通常の歯列からずれて歯に重なって生える歯の事で、別名『鬼歯』とも呼ばれています。
日本では“かわいい”などの良いイメージでチャームポイントにしている人も多い様ですが、欧米では“ドラキュラの鋭い歯”の様に見える為イメージが良くない様です。
 
では、どうして『八重歯』が生えるのでしょうか?
原因は、『顎の大きさ』『歯の生える順番』
顎骨が小さく正しい位置に生えるスペースが無い・乳歯が時期になっても抜けない・・
という事にあります。
 
その結果、歯列からずれて重なって生えていますから、歯磨きはしづらくなりますので、虫歯や歯周病、歯肉炎というトラブルを引き起こす可能性が出やすくなります。
歯磨きをする時は、歯と歯の間や歯茎との境目などに気を付けて磨きましょう。
また、唇の内側の肉を噛んでしまい、傷つけたりする場合もありますので注意して下さい。
 
対策としては
①顎を大きくする為に小さな頃から
柔らかいものばかりでなくバランスよく食事をとる
②食事はしっかり噛んで食べる
これは『ムシ歯予防』にも効果がありますので習慣を付けましょう。
また矯正治療などで歯並びを整える事で解消する事も出来ます。
『八重歯』は“可愛さの象徴”だったり、歯列矯正費用が高額な為抵抗感がある等様々な考えがありますが、『お口の健康』を考えて頂き歯科医と相談しながらご自分にあった治療方法を決めて頂くのがいいかと思います。
まずは、お気軽に当院にお声をおかけ下さいね、お待ちしております。
 
 
 
 
写真 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ