お知らせ

クリーニングしてもらいました!!

4月に入り、ずいぶん温かくなりましたね。

桜も満開に近づいて来ました。お花見には、もう行かれましたか?

桜って、とてもきれいですよね。歯も桜のようにきれいにしてみませんか?

今回は、歯の定期クリーニングについてです。

私は、3月に初めて原さんにクリーニングをしてもらったのですが、思っていた以上に磨き残しがあってビックリしました。

毎日きれいに磨いているつもりでも、自分では磨ききれない歯と歯の間や奥に汚れが蓄積し、虫歯ができたり、歯周病が進行してしまいます

定期クリーニングでは、歯茎の状態を調べ、染め出しをして(紫色をした液体)歯の磨き残しをcheckします。

プロの歯科衛生士により、普段磨けない部分を徹底的にクリーニングする事により、歯がツルツルになってものすごく気持ちが良かったです。

定期クリーニングをして、磨き残し0を目指し皆で118をつくりましょう。

アシスタント 﨑山
 
 
 
写真3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

「乳幼児のおやつ」

大阪府河内長野市にある歯科医院うえむら歯科クリニック
歯科衛生士の原です。こんにちは!
 
季節の変わり目で天候は不安定ですが、
日増しに暖かくなってきていますね。
花粉症の方には辛い時期になりました。
 
さて、今回はお母さんからよくある
質問について紹介させていただきます。
それは「乳幼児のおやつ」についてです。
 
 
まず、そもそもおやつとは、
エネルギーがたくさん必要な赤ちゃんが、
一度にたくさんの量を食べられないので、
3回の食事で足りない栄養を補うために食べるものです。
なので、一息ついて、ちょっと甘いもの…
のおやつとは異なります。
 
おやつが必要となってくる時期は、赤ちゃんの離乳が終わり、
朝・昼・晩の3回食べるようになる1才過ぎからで、
それまでは必要ないと言われています。
 
赤ちゃんは内臓機能や消化吸収能力が低く
おやつに含まれる過剰な塩分や脂質、添加物などは
体に大きな負担がかかります。
また、砂糖の多く入ったものや甘すぎるものや、
味の濃いものを覚えると、それが定着してしまい、
薄い味などのものを受け付けなくなってしまうので注意が必要です。
 
最近では乳児用のおやつが数多く販売されており、
カロリーや塩分、脂肪に配慮されたものや、
不足がちなビタミン、ミネラル、鉄分やカルシウムをプラスしたものなど
バリエーションも豊富になってきていますので、
表示を確認しながら選択すると良いでしょう。
 
そして大切なのは、市販されているおやつの選び方はもちろんですが、
もうひとつ、おやつとムシ歯の関係についても重要となってきます。
 
おやつと歯の健康とうまく付き合っていくには、
まず、歯に付きにくいおやつを選択すること。
乳児用のおやつでもおせんべいやクラッカーなどが良く、
果物を活用するのもgoodです。
 
つぎに、ダラダラ食いとジュースはやめましょう。
少量のおやつでもずっと食べ続けるとムシ歯のリスクはぐっとあがります。
そして、一番避けたいのは、おやつ(砂糖)+ジュース(砂糖)です。
おやつと一緒に出すなら、白湯やお水、お茶を組み合わせましょう。
 
機嫌を取るためにと、
アメやチョコ、キャラメル、クッキーなどを与えてしまうのはNGです。
甘いものやジュースが好きなのです。と
おっしゃる方が多いですが、与えているのは親御さんですので、
おやつの種類を上手に選択にしてあげることが大事です。
 
そして、もちろん歯磨きも大切になってきます。
生後6ヶ月前後で乳歯が生えてきますので、
ガーゼ等で拭いたり、ゴムブラシや、軟らかい歯ブラシで、
ご飯やおやつの後はなるべくキレイにしてあげると安心ですね。
 
市販されているおやつを上手く活用して、
砂糖のコントロールに留意しながら
お子様の体と歯の健康を守っていきましょう。
 
 
 
 
 
 
おやつ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

歯ぎしり

こんにちは、痛くなくこわくない笑顔あふれる歯科医院

うえむら歯科クリニックのアシスタントの﨑山です。

寒かったり、暖かかったりの毎日ですが、体調はいかがですか?

風邪をひかないよう気をつけて下さいね。

さて今回は、歯ぎしりについてです。

歯ぎしりとは、寝ている間に無意識に歯を強くこすり合わせて

ギリギリと他人にも聞こえる歯ぎしり(グラインディング)を指します。

また、日中・夜間にかかわらず歯をグッと

食いしばったりする(クレンチング)

歯をかちかちと無意識に咬み合わせる(タッピング)

総称して、「ブラキシズム」と言います。

ブラキシズムをそのままにしておくと口の中のトラブルだけにとどまらず、

顎関節症や肩こり、頭痛など様々な症状を引き起こします。

歯ぎしりの大きな原因には、ストレスがあげられます。

仕事や夫婦・家族の問題・人間関係・育児などによる

精神的、肉体的なストレスです。

その他には、悪い歯並び・歯の損失・睡眠障害・

顎の変位などが理由にあげられます。

治療法の1つに、夜間就寝時にナイトガードと呼ばれるマウスピースを

上顎に入れる方法があります。

写真 2-1

写真 1-1

夜寝る時にマウスピースを装着することで、

歯にかかる負担を軽減させることができます。

日中に出来る予防は、食事は、ゆっくり丁寧に噛むこと・

常に姿勢をよくするように心がけること・

食いしばらないように常に意識をすることです。

他には、歯の治療(噛み合わせの悪い歯・虫歯の治療)です。

歯ぎしりで少しでも気になることがありましたら、当院までお気軽にご相談下さい。

 
 

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

定期クリーニング

大阪府河内長野市にある千代田駅、河内長野駅が最寄り駅の

うえむら歯科クリニックのアシスタント尾島です!!

3月に入り少しずつ過ごしやすい気候になってきましたね(*^_^*)

まだまだ寒い日もありますが、体調には気をつけて下さい!

毎日の歯磨きも忘れずに頑張りましょう♪

ところで、定期クリーニングがなぜ大切かご存知ですか?

定期クリーニングでは、レントゲン写真やプラークチェックなどによって今自分の歯がどのような状態かしっかりとわかり、虫歯や歯周病を防ぐことができます!!

また、自分では磨ききれない汚れも定期クリーニングをすることによってしっかりと磨いてもらい、さらに歯石も落としてもらえるのでよりきれにな歯を保つことができます。

普段の歯磨きの仕方もきちんと説明してもらえるので毎日の歯磨きも楽しくなりますね(^O^)

当院では症状にもよりますが3ヶ月に1度定期クリーニングをさせていただきます!

普段の歯磨きでお悩みの方や歯をしっかりとケアーしたい方は

一度相談してみて下さい(*^_^*)

歯が痛くなる前にできるだけ予防しましょう!

写真 2

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

八重歯

大阪府河内長野市にある 「痛くないこわくない笑顔あふれる歯科医院」
うえむら歯科クリニック受付今西です。

3月、春の香りが一杯感じられる季節になりましたね。
 
今回は『八重歯』のお話をさせて頂きます
通常の歯列からずれて歯に重なって生える歯の事で、別名『鬼歯』とも呼ばれています。
日本では“かわいい”などの良いイメージでチャームポイントにしている人も多い様ですが、欧米では“ドラキュラの鋭い歯”の様に見える為イメージが良くない様です。
 
では、どうして『八重歯』が生えるのでしょうか?
原因は、『顎の大きさ』『歯の生える順番』
顎骨が小さく正しい位置に生えるスペースが無い・乳歯が時期になっても抜けない・・
という事にあります。
 
その結果、歯列からずれて重なって生えていますから、歯磨きはしづらくなりますので、虫歯や歯周病、歯肉炎というトラブルを引き起こす可能性が出やすくなります。
歯磨きをする時は、歯と歯の間や歯茎との境目などに気を付けて磨きましょう。
また、唇の内側の肉を噛んでしまい、傷つけたりする場合もありますので注意して下さい。
 
対策としては
①顎を大きくする為に小さな頃から
柔らかいものばかりでなくバランスよく食事をとる
②食事はしっかり噛んで食べる
これは『ムシ歯予防』にも効果がありますので習慣を付けましょう。
また矯正治療などで歯並びを整える事で解消する事も出来ます。
『八重歯』は“可愛さの象徴”だったり、歯列矯正費用が高額な為抵抗感がある等様々な考えがありますが、『お口の健康』を考えて頂き歯科医と相談しながらご自分にあった治療方法を決めて頂くのがいいかと思います。
まずは、お気軽に当院にお声をおかけ下さいね、お待ちしております。
 
 
 
 
写真 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

歯科衛生士はらの歯列矯正リポート15

こんにちは!
大阪府河内長野市にある歯科医院
うえむら歯科クリニック 歯科衛生士の原です。
 
以前より少し寒さがマシになってきました!
日中は暖かい日もあり、花粉が飛び始めていますね~
花粉症の方は大変な時期です(><)
 
 
さて、2月は22日に矯正へ行ってまいりました。
前回はブラケット装置の位置を変えて
ワイヤーもやわらかいものに変え、
歯の向きや傾きを微調整しました。
 
今回は調節した歯並びをチェックし、
以前入れていた最終のステンレスワイヤーを再度入れ直しました。
もちろん、おやすみしていた
クロスエラスティック(顎間ゴム)も再開です。
かなり正中が合ってきていますので、もうひと頑張り!!
 
 
 
 
 
2121_2014.02.26_L141
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久しぶりのゴムかけですが…
するのを忘れてしまいます。笑
しかも、外したゴムを無くすのは、相変わらずで。
サボらないようにしないといけませんね…。
 
さらに、
私は歯科衛生士ですが、
甘いものが好きで、お菓子もジュースも大・大・大好きなんです。
この頃、通勤や少し時間があれば
ラムネやら、グミやら、チョコやら…パクパク食べてしまい、
いわゆる、だらだら食いが止まりません。
 
みなさんに指導する側がこれではいけない!
それよりも、ムシ歯になってしまう!
 
と、危機感を感じるように。
 
そこで!
最近「キシリトールタブレット オレンジ味」
ひと箱 70粒入り×10袋
大人買いしました!
 
 
 
0000006496010
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これはラムネの様なものなのですが、
キシリトール100%のシュガーレスなので
寝る前や歯磨きのあとなど、いつ食べてもOK
また、歯の再石灰化を増強する成分も入っており、
特定保健用食品にも認定されています。
 
硬さがしっかりしているので、
すぐバリバリ咬んでしまう私でも、なかなか咬めません。
なので、お口の中でゆっくり味わえます。
そして、なんといっても、この味が良い!!
シュガーレスのお菓子は、
少し独特な味があるのであまり好まなかったのですが、
このタブレットはそれが無く、とても甘くて、ほんのりミカンの味
とっても美味しいのです!
 
キシリトール100%ガムでも良いのですが、
装置に引っかかるのと、咬むのを忘れてしまう(笑)ので。
 
ガムが咬めない小さいお子さんや、保育園でお菓子タイムがあるなど、
そんな時にいいんじゃないかな!?医院に置こうかな。
なんて、勝手に思ったりしています。笑
 
矯正をしている方や、お子さんのお菓子、
普段からついついつ甘いものをつまんでしまう方などは、
キシリトールを活用してみるのも良いのではないでしょうか。
あ、もちろん、しっかり歯磨きをすることが一番大切ですよ^^
 
以上!歯科衛生士 原の矯正レポートでした。
また来月お楽しみに(^O^)
 
 
2121_2014.02.26_L146
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

よく咬んで食べる!!!

大阪府河内長野市にある千代田駅、河内長野駅が最寄り駅の
歯科医院うえむら歯科クリニック、アシスタント尾島です。

みなさん咬むことはどのような効果があるかご存知ですか?

よく咬んで食べることは、食べ物を飲み込みやすくするだけではなく、食べ物がおいしくなったり、消化・吸収を助けたり、健康に役立つ効果があります。

①肥満の防止

②味覚の発達

③言葉の発達

④脳の発達

⑤歯の病気予防

⑥ガンの予防

⑦胃腸が快調になる

⑧全力投球ができる

よく咬んで食べるための工夫は

・急いで食べない!

ゆっくりと味わって食べましょう。食べ物によって噛みごたえのある食べ物は、1口30回を目安によく噛んで食べましょう!

・飲み物で流し込まない!

食べ物が口の中にある時は、飲み物にたよらずに自然に飲み込むようにしましょう!

よく咬んで食べるには歯の健康が大切ですね!

しっかりと咬み、おいしく食事ができるように

定期検診をしていつまでも健康な歯を保ちましょう!

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

肩こり><

大阪府河内長野市にある、千代田駅、河内長野駅が最寄り駅の歯医者
うえむら歯科クリニック受付今西です(^^)
2月、一年の中で一番寒さの厳しい時期です。
皆さん、身体が丸くなって『肩凝り症状』感じておられませんか?
 
 
今回は『歯と肩凝りの関係』のお話をさせて頂きます(^.^)
首から肩にかけての筋肉が緊張し、血行が悪くなって重く感じるのが『肩凝り』。
 
 
原因には
①姿勢
②ストレス
③目の疲れ
④運動不足
⑤噛み合わせが挙げられます。
 
 
そこで⑤の噛み合わせですが・・・
顎の左右の筋肉のバランスが崩れ、それを補うために姿勢に歪みが起こるのです。
 
 
 
 
2010.07.01_L001
 
 
 
 
 
 
 
噛み合わせが悪い→顎や首のずれを起こす
→傾いた頭を支えようと首から下が歪む→肩・首周りに筋肉の過緊張を起こす
→血行不良→肩凝り・歯の痛みが出る
 
 
 
噛み合わせが悪い事によって、頭痛・首の痛み・腰痛・腕のしびれ・耳鳴りなどの
全身の不調まで引き起こします。
原因が必ずしも『噛み合わせ』とは限らないですが
(普段の姿勢の悪さだったりします(>_<))
『噛み合わせ』を良くする事で改善される
可能性はあります!
 
その他、予防として
①正しい姿勢を習慣づける
②運動、スポーツで筋力アップや気分転換を心がける
③癖を見直す(同じ肩にかばんをかける・同じ足を組む等)も
あります。
 
 
 
『噛み合わせ』のご相談、又虫歯があって痛くて片方しか物を噛めないなども
『肩凝り』の原因になっていく場合もありますので、どうぞお気軽に当院にお寄り
下さい。お待ちしております。
 
 
 
 
 
 
PHM06_0076
 
 
 
 
 
 

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

虫歯になりにくい食べ物って?

こんにちは

まだまだ寒い日が続きますね。

インフルエンザがまだ、流行していますので気をつけて下さい。

さて、今回は、虫歯になりにくい食べ物となりやすい食べ物についてです。

まずは、虫歯になりにくい食べ物は、野菜・果物・ナッツ・チーズが頭に浮かんでくると思いますが、他にもたくさん虫歯になりにくい食べ物があります。

子どもの大好きなシュークリーム・ホットケーキ・プリン・ゼリーは、洋菓子の中では、比較的砂糖が少ないです。

ゼリー・プリンは、歯に残りにくい食べ物なのでオススメです。

しかし、食べ過ぎには、気をつけて下さいね。

虫歯になりやすい食べ物は、みんなが大好きなお菓子、チョコレートです。

その他にも、あめちゃん・アイスクリーム・ケーキ・クッキー・キャラメル・スナック菓子・ビスケットです。

飲み物では、炭酸のジュース・コーヒー牛乳・飲むヨーグルトなどです。

子どもから大人まで誰もが大好きなお菓子や飲み物が虫歯になりやすいので気をつけて下さい。

いつまでも、健康な自分の歯で食事が出来るよう食べ物を食べた後は必ず歯磨きをしましょうね。

虫歯になりにくい

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ

「歯磨き 力を入れ過ぎていませんか?」

うえむら歯科クリニック歯科衛生士の原です。
こんにちは!
 
2月になりましたが、
寒さは衰えることなく、まだまだ続きそうで、
着込むことが嫌いな私にはつらい季節です・・・。
そういえば、
2月14日はバレンタインでしたね!
バレンタインといえば・・・チョコレート!
歯医者さんの天敵ですが、美味しいので私も大好きです。
食べたらしっかり歯を磨いてあげましょうね。
 
歯磨き、と言えば
ムシ歯や歯周病の予防に大変有効ですが、
方法を間違えると歯や歯肉を傷付けてしまうことを
みなさんご存知ですか?
 
乱雑な歯磨きや、歯ブラシのストロークが大きかったり、
毛先の広がった歯ブラシの使用、
また、かたい歯ブラシを使用したり、力の入れ過ぎなどで
一番多く起こる害は“歯肉退縮”です。
 
歯肉退縮とは、歯肉に過度な力が加わり
歯肉の位置が下がってしまうことで、
歯肉が退縮すると、
さらに“くさび状欠損”を起こしやすくなります。
くさび状欠損は、歯茎にそって
歯がくさび状に削れてしまうものです。
 
どちらも“知覚過敏”を起こす原因で、
歯がしみる患者さんのほとんどが
歯肉退縮やくさび状欠損を起こしていることが多いです。
 
 
そこで、
これらを防ぐために大切なことを紹介していきます!
 
まず、歯ブラシは手のひらで握らず、えんぴつ持ちにしましょう。
歯ブラシを持つ手に力が入っていると
力を入れ過ぎてしまいます。
 
二つ目に、
歯ブラシにはかたさが表記されていますので、
“かため”を避け、“ふつう”もしくは“やややわらかめ”を
選ぶようにしましょう。
かたい歯ブラシがお好きな方は要注意。
 
そして最後に、
横磨きの歯ブラシのストロークは
小さく細かく動かしましょう。
歯の2・3本を磨くようにするのがgoodです。
 
 
かための歯ブラシで、ガシガシ磨かないと
磨いた気がしない!すっきりしない!
とおっしゃる方が多いですが、
実は、優しく持ち、小さく動かす方が歯ブラシの毛がしなり、
より効率良く汚れが落とせます。
歯ブラシを新しくしても
1・2週間で毛先が広がってしまう方は
力の入れ過ぎだと考えられますので、注意しましょう。
また、毛先が広がっているものは、歯垢除去率が半分ほど下がりますので
1ヶ月に1本を目安に交換して下さい。
 
歯を守るための歯磨きは、方法を間違えると
守るはずだった歯や歯肉を傷付けてしまいます。
大切な歯を維持するために、正しい歯磨きの方法を身に付けましょう!!
 
 
 
 
 
歯みがき力
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ