お知らせ

歯を白くキレイに その1(^_^)v

こんにちは、歯科衛生士の原です。
だんだんと涼しくなり秋の気配が感じられますね。
 
秋と言えば何といっても食欲の秋!
美味しい食材に美味しいスイーツ、一緒に温かいコーヒーや紅茶も・・・・・
と、ついつい毎日飲んでしまうことも。
そんななか、ふと
歯に着色が付いてきたなあ、と思うこと、ありませんか?
 
そこで今回は「ステイン(着色汚れ)」についてお話します。
 
 
 
まず歯の表面のエナメル質は
唾液が作り出す“ペリクル”という
ムシ歯や酸から守ってくれる膜で覆われています。
そして実はこの膜にある成分が結びつくことでステインになるのです。
 
 
 
その成分とは・・・
1 コーヒーやお茶(紅茶)や柿、バナナなどの渋み成分であるタンニン。
2 ブルーベリーやブドウに含まれる濃い赤紫色の色素であるアントシアニン。
3 玉ねぎやネギ、にんにくに多いイオウ成分。
4 緑黄色野菜に多く含まれる色をもつビタミンB群。
5 タバコのタールやニコチン。
その他にもチョコやココアに含まれるカカオマスポリフェノールや、
お茶に含まれるカテキン
さらに豆腐や納豆、豆乳に多いイソフラボン、
 
などなど。
 
日常生活で良く口にするものばかりで、
健康に良いと言われているものが多いです。
しかし、これらのものを摂取しない、という訳にはいきませんよね。
 
 
 
そこで、ステインを防ぐために大切な事は、やはり毎日の歯磨きです!
上手くブラッシングができているとステインは定着しにくいです。
しかし、ステインは時間とともに落としにくくなり、徐々に目立ってきます。
 
 
 
そんなときは、
歯科衛生士が行うクリーニングでステインを除去してもらいましょう!
表面をつるつるにすることでステインが付きにくくなりますよ。
また当院オススメの、研磨剤無配合のブリリアントモアを
併用していただくと効果が持続しやすいです!
 
歯の色が気になる、という方は
ぜひ一度お気軽にご相談くださいね(^^)v
 
 
 
 
歯を白く
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大阪府河内長野市にあるうえむら歯科クリニックです。診療科目は、虫歯治療 、インプラント、審美歯科、ホワイトニング、定期検診・予防歯科、入れ歯(義歯)、歯周病、小児歯科、矯正歯科、マイクロスコープ(顕微鏡歯科)です。富田林市、大阪狭山市、堺市、和泉市、千早赤阪村、和歌山県橋本市からも来院されています。

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:   カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ