お知らせ

歯を白くキレイに 白いかぶせ 審美歯科って?

こんにちは、河内長野市にある
「痛くないこわくない笑顔あふれる歯科医院」歯科衛生士の原です。
白い息が出るくらい、冷え込むようになりました。
これからが冬本番!だというのに、今後の寒さが心配ですね。
 
さて、これまでに「ステイン」「ホワイトニング」についてお話ししました。
今回はその3「白いかぶせもの」についてお話しします。
 
まず、かぶせものには
保険のものと保険外のものとがあります。
 
保険の治療では、前歯6本を白くすることができ、
残りの奥歯は銀のかぶせが入ります。
しかし、保険は限られたコストで治療を進めなければならないため、
使用できる材料や時間に制約があるのです。
なので、前歯に使われる白いかぶせの材料は、透明感がなくて、
天然の歯と色が合わせにくく、また経年とともに変色してきます。
そして、ニッと笑って見える奥歯は目立つ銀のかぶせになります。
 
一方、自費の治療では時間や材料、治療方法に制限がありません。
やわらかい金属で適合性の良い
ムシ歯の再発が少ないゴールドや、
白く透明感がある、とても自然なセラミックのかぶせ
まったく金属の使わないものもあり、
患者さんそれぞれに合った治療方法を選択することができます。
また、マイクロスコープ(顕微鏡)などによる精度の確認も徹底しているため、
ムシ歯になりにくいかぶせを入れることが可能なのです
 
これらの最大の違いは“見た目”です。
 
特に保険でも白くできる前歯や、笑って見えるところの奥歯は、
色が違っていたり、銀があると、やはり不自然に見えます。
ステインを除去しても、ホワイトニングをしても
かぶせものの色を変えることはできません。
 
自費の治療は高額だと思う方もいらっしゃるとは思いますが、
状態にもっとも適した材料で、しっかり時間をかけ、
技術を駆使していきます。
機能性にも考慮して出来上がったかぶせは
満足できるものになることは間違いありません。
 
キレイな口元は
その人の印象をガラッと変えます。
気になるけど…という方は
まず相談からはじめていきませんか?
 
健康でキレイな歯でバッチリsmile!
楽しく美味しくご飯をたべましょう!
 
 
 
 
 
 
 
1077_2008.11.01_L008
 
 
 
 
1077_2011.03.07_L672
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1077_2011.12.17_L714
写真 2-5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:   カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ