お知らせ

よく聞く口内炎って??

こんにちは、河内長野市にある「痛くないこわくない笑顔あふれる歯科医院」

うえむら歯科クリニック、アシスタント﨑山です(^_^)v

今年も宜しくお願いします!

最近、口内炎になったという声を聞きました。

そこで今回、口内炎についてご紹介していきます。

口内炎とは、口の中の粘膜に起こる炎症のことを言います。口内炎には、いろいろな種類がありますが、アフタ性口内炎が一般的だといわれています。

アフタ性口内炎とは、表面が白っぽく窪みが周りが赤い円形または、楕円形の浅い潰瘍で、1個の場合もあれば、多数できる場合もあります。

症状は、周囲の粘膜よりも赤く腫れ、腫れたりすると強い痛みが起こります。

原因は、過労・精神的ストレス・ビタミン不足などが一般的ですが、ウイルスの感染、胃腸障害が原因の場合もあります。

口内炎の治療で1番大切なのは、口の中を清潔に保つことです。口の中には、数百種類の雑菌が存在し、口内炎を不潔にしていると、菌が増殖し、口内炎が長引いたり、悪化する可能性があります。

歯磨きをきちんとおこないイソジンなどの殺菌作用のあるうがい薬でうがいをするなどして、お口の中を清潔に保ちましょう。

あと、痛みがひどいときは、診てもらうことがオススメです。

痛み止めなどの処方箋を出してもらいましょう。

口内炎にならないよう気をつけましょう。

Unknown

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:   カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ