お知らせ

『花粉症と歯周病の関係』

こんにちは。
うえむら歯科クリニック歯科衛生士の津本です。
 
だんだんと陽射しが暖かくなり、春を感じられるようになりましたね。
気候は良くなってきましたが、この時期花粉症に悩まされている方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は『花粉症と歯周病の関係』についてお話させていただきますね。
 
花粉症と歯周病って関係あるの?なんて思われる方もいらっしゃると思います。
実は花粉症の主な症状の鼻づまり、鼻水はお口にとって一番の大敵なのです。
 
鼻づまりや鼻水の症状が続くと、鼻呼吸よりも口呼吸をすることが多くなります。
口呼吸をしていると、お口の中の水分が蒸発しカラカラ状態になっていきます。
また花粉症のお薬は副作用として、唾液の分泌を抑えるものが多く、鼻呼吸していてもお口は乾燥しやすくなります。
 
お口の中は乾燥していると細菌が繁殖しやすくなるので、歯の周りに歯周病の原因である歯垢がつきやすくなります。
そして、これを放ったままにしていると、歯茎が腫れたり、痛みが出たりといった症状があらわれる歯周病になってしまうのです。
 
花粉症の時期は、いつもよりも歯周病や虫歯になりやすいことを意識しておいてくださいね。
花粉症の症状が出てきたら、歯をこまめに磨いたり、水分を多くとったりしてお口を乾燥させないようにしましょう。
 

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:   カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ