お知らせ

『唾液と歯』について

うえむら歯科クリニック受付今西です。
今年も厳しい暑さになりそうです。体調管理には十分気をつけて下さい。
 
今回は『唾液』と歯の健康についてお話させて頂きます
『唾液』とは唾液腺という所から口の中に分泌される液で、生きていく為に大切な液なのです
『唾液』は歯や歯肉をはじめ、身体の健康や機能に深い関わりを持っています
(◉消化を助ける◉飲み込みを助ける◉味覚を感じる◉口の中を清潔に保つ◉菌から
身体をも守る◉口の中を潤すなど)
歯との関係は・・ムシ歯菌が出した酸によって歯のカルシウムやミネラルが溶け出しますが『唾液』にはカルシウムやミネラルを歯に補充し修正する働きがあります(再石灰作用)。この作用が弱い人はムシ歯や歯周病にかかりやすくなります。
そこで『唾液』の少ない原因ですが、原因は様々で
◉加齢 ◉ストレス ◉生活習慣 ◉病気などあげられます。
では『唾液』の少ない場合はどうすればよいかです
まず食事の時に歯応えの有る物をよく噛んで食べて『唾液』の分泌を促す事が大事です。又天然素材甘味料のキシリトール入りのガムを噛むのもいいでしょう。
ガムを噛む作用で『唾液』も増え虫歯予防に大変有効です
『唾液』を沢山出す事は歯の健康につながり、結果的には身体の健康にもつながり良い事が一杯ありますよ!

©︎河内長野の歯医者|うえむら歯科クリニック

日付:   カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ