入れ歯(義歯)河内長野市 うえむら歯科クリニック 富田林市 大阪狭山市

虫歯治療・インプラント・審美歯科・ホワイトニング・定期・予防検診・入れ歯・歯周病・小児歯科・矯正歯科・マイクロスコープ

入れ歯治療画像

こんなお悩みありませんか?

当院の入れ歯治療の特徴

当院では、患者様一人一人に合わせた入れ歯をオーダーメイドで製作しています。 入れ歯というのは1つとして同じものはなく、患者様のお口の中の状況に合わせたオリジナルなものになります。

そのため製作時においても患者様に合わせた工程を踏まなければなりません。 ここでは患者様に合った入れ歯を製作するために行っているこだわりをご紹介します。

個人トレーの使用

まずはお口の「型取り」を行います。型取りは、入れ歯完成時のクオリティーを左右する最も重要な工程と言われています。そのため、当院では細心の注意を払いながら工程を進めていきます。

また、当院では「型」を精密にとるため、すでに規格の決まったトレーを一切使用せず、患者様それぞれに合ったオーダーメイドの個人トレーを使用しています。

シリコン印象材の使用

シリコン印象材とは、お口の型をとる際に必要となる材料のことです。
個人トレーに「印象材」をのせ、型をとります。一般的に、印象材はシリコンの他にもアルジネートと呼ばれる2種類の素材がありますが、当院ではより精密な型取りを行うためにシリコン印象材を使用しています。

入れ歯治療の流れ

入れ歯制作の流れをご紹介致します。

①型取り

上下顎を個人トレー(お口に合わせた型取りのトレー)で印象します。
②咬み合わせの検査

咬み合わせをロウ堤を用いて調べます。
 
③技工士による前歯部配列

まずは前歯部に人工歯を排列します。
 
④口唇とのバランスの確認

お口の中に入れてみて、前歯とスマイルラインとの調和がとれているかを確認します。
 
⑤最終確認

内面や咬み合わせの調整を行います。

「私に合う入れ歯はどんなものがあるの?」

当院では患者様のニーズに合わせることができるように数種類のバリエーションがございますので、ご紹介させていただきます。

「見た目」を良くしたい方

ノンクラスプデンチャー

入れ歯を入れたときの「口元の美しさ」や「金属バネが見えてしまうことによる審美面での不満」を解消したのがノンクラスプデンチャーです。写真のように金属バネを一切使用せず、歯ぐきの色に近い樹脂を使用しています。


「咬める幸せ」を感じたい方

コンフォートデンチャー

「咬みにくいから食事が楽しめない」
「入れ歯が動いて痛い」
など入れ歯特有の悩みを解消できるのがコンフォートデンチャーの特徴です。生体用シリコンを使用しているため、外れにくく、ズレにくい、そして、食べ物を思いっきり咬むことができます。


「見た目」も「機能性」を追及したい方へ

磁性アタッチメント義歯

特徴として、入れ歯を装着していると気づかれないほどの審美性、磁石で固定していることによって着脱が簡単にでき、そして固定力が高いため、食事時にも困りません。


金属床と保険のレジン床ここが違う!!

左が金属床 右がレジン床

左が金属床、右がレジン床です。

まず見た目ですが、厚みがだいぶ異なります。レジン床のほうがだいぶ分厚いので、その分異物感も大きいと思われます。また金属床のほうは、金属を使用していますので食物の冷たい、熱いを感じられるので、ご自身の歯と同じようにおいしく食べることが可能になります。
機能的には、金属床のほうが精密に型取りをして、咬み合わせも精度が高いのではるかによく咬めますし、適合が良い分、入れ歯も長持ちします。

入れ歯よりもっと咬むには?

「入れ歯の出し入れをしたくない」
「ものが挟まるのが嫌だ」
「自分の歯のように噛みたい」

そんなあなたにはインプラント治療がオススメです。

 

診療内容

うえむら歯科クリニック 診療内容