マイクロスコープ 河内長野市 うえむら歯科クリニック 富田林市 大阪狭山市

虫歯治療・インプラント・審美歯科・ホワイトニング・定期・予防検診・入れ歯・歯周病・小児歯科・矯正歯科・マイクロスコープ

マイクロスコープ画像

こんなお悩みありませんか?

あなたの歯を支える根管治療

根管(こんかん)治療とは、歯の根の治療のことを言います。

歯の根に虫歯菌が侵入することで炎症が起きてしまうのですが、そのような場合に根管治療を行っていきます。

しかし、この根管治療は歯科治療の中でも一番難しい部類の治療と言われています。

根管は複雑なつくりで、裸眼で治療するには限界があるため、当院では歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を用いております。

根管治療の成功率

「いったいどうすれば再発しない根管治療が出来るか?」
日本中の歯科医師がこの課題に頭を悩ませ真剣に取り組んで日々診療を行っていますが、通常の治療で成功率を高めることは至難の技です。
下の表をご覧ください。

  根管治療の精度 補綴処理の精度 成功率
パターン① ○精密な治療 ○自費の補綴物 91.4%
パターン② △精密ではない治療 ○自費の補綴物 67.6%
パターン③ ○精密な治療 ×保険の補綴物 44.1%
パターン④ ×精度の悪い治療 ×保険の補綴物 18.1%

[1]根管治療も補綴処置も精度が良いと長持ちする可能性が高い
[2]根管治療は普通で補綴の精度が良い
[3]根幹治療の精度が良く、補綴の精度は良くない
[4]根幹治療も補綴処置も悪い場合は再治療の可能性が高い

これはアメリカの大学の研究機関がまとめた調査結果です。
精密な根管治療を行い、自費の詰め物・かぶせ物治療を行った際の成功率は91%。
一般的な歯科医院が行う保険治療で自費の詰め物・かぶせ物治療を行った際には、67%と大きく下がることがわかりました。
更に、根管治療の精度によっても成功率が変化することがわかっています。

この結果から、成功率が高く、再発リスクが低くなるのは、精密な根管治療を行い、自費の補綴物を用いた治療を行うことがベストであることがわかります。こういった一連の治療を行うことで、再び痛みを感じて、歯科医院に来なければならないという時間的な損失や治療費を再び払わなければならないという経済的な面での損失などを防ぐことができます。

治療精度を高めるための当院での取り組み~マイクロスコープ~

皆さん脳神経外科医福島孝徳先生をご存知でしょうか?
「神の手」を持つスーパードクターとして、TVで何度も紹介されている先生です。先生が術中にのぞいているのが、マイクロスコープ(手術用実態顕微鏡)で、術野を最大24倍にまで拡大でき、精密な治療の手助けをしてくれています。


歯科においては、まだ全国でも5%にも満たない導入率と言われています。
歯の根っこの治療や歯周外科治療だけでなくセラミックやレジン充填処置にも有効で、拡大して治療することにより肉眼よりもはるかに精度の良い結果を得ることが出来ます。

精度が悪く、適合の良くないかぶせをいれてしまうと、歯とかぶせの境目からムシ歯が再発してしまい、再び痛みが出たりはずれてしまうことにつながります。

当院では平成20年から様々な場面で、マイクロスコープを用いて治療を行っておりますのでより正確でより精密に、そして安全に治療を行うことが出来ます。また拡大して治療することにより、処置後のお痛みや腫れも非常に少なくでき患者様、医師双方がストレスの少ない治療を行うことが可能になっております。

マイクロスコープでの見え方

治療精度を高めるための当院での取り組み~精密なかぶせ物・詰め物~

根管治療時の精度を高めるための要素として、精密なかぶせ物・詰め物を選ぶという選択肢もあります。

当院では、最高品質のかぶせ物・詰め物を準備しております。
もちろん、保険の治療だからと言って、いい加減な治療は行うということはありませんが、保険での治療精度には限界があることを知っていただき、ご自身の歯を守るための1つのきっかけにして頂ければと思います。

 

診療内容

うえむら歯科クリニック 診療内容